審査が甘い消費者金融って存在するの?どんな人なら審査に通る?

↓審査が甘い消費者金融を早速見る↓

 

審査が甘い消費者金融はある?

「今月はお金がピンチ!」
「給料日までの繋ぎでお金を借りたい」
「過去にブラックリストに載ったことがあるけれど審査に通る?」

 

消費者金融を利用する理由や、不安なこと、疑問に思うことは人それぞれだと思います。

 

そこでネット検索で「消費者金融、審査、甘い…」といったキーワードで調べてみると「この消費者金融は審査が甘いからオススメ!」といった風に紹介されています。

 

そこで今回は本当に審査が甘い消費者金融は存在するのかを考察してみたいと思います。

 

基本的に甘い審査は無い

最初に結論を出してしまうと審査が甘い消費者金融は存在しないと考えるべきです。

 

そもそも「審査の甘さ」が何を意味しているのかを考えてみましょう。

 

消費者金融の審査では以下のポイントが見られています。

 

  • 返済能力(職業や年収など)
  • 怪しい人物でないか(個人の属性など)
  • 他社借入件数・金額
  • 信用情報(過去の延滞歴や金融事故歴など)

 

要するに借りたお金をちゃんと返してくれるかを判断するために審査を行っています。ある程度安定した収入があり、借金額が少ない、そして信用できる人物であるほど好条件と言えます。

 

審査が甘い、ということは消費者金融側からすると貸倒のリスクを背負うことになります。

 

例えば、既に多くの借金をしていて、返済がまともにできていない人が、新しく消費者金融から借入して返済できるか…と言えば難しいのは私たちにも想像できますよね。

 

大手消費者金融ほど審査のハードルが高い?

もちろん一概には言えませんが、こういった傾向に強いのは間違いないと思います。

 

考えられる理由としては利用者が多いので審査の基準を上げても十分成り立つからではないでしょうか。

 

消費者金融は利息や各種手数料で利益を得ているわけで、利用者が多いほど稼げます。しかし貸し倒れが起こると、利益どころか損益に。そうなるくらいなら、リスクを避けて安定した営業を続けたいと考えるのも納得です。

 

とはいえ、銀行カードローンなどと比べれば審査は甘い傾向にあるのは間違いありません。

 

地域密着型など中小消費者金融は甘め!?

もちろん一概には言えないのですが、傾向としては審査が甘めの消費者金融が多い印象を受けます。

 

いろいろな理由があると思いますが、大手ほど利用者が多いわけではないため、顧客を厳選できない、あるいは審査を甘くすることで人気を得ているケースが考えられます。

 

ネットの口コミなどをチェックしてみると、地域密着系の消費者金融は複数の借金がある状態でも審査が通った!といった報告をたくさん見かけます。

 

大手消費者金融の審査に通らなくて悩んでいるのなら、中小消費者金融を検討するのも良いかもしれませんね。

 

ただしくれぐれも悪徳消費者金融に引っかからないように注意してください。

 

新規立ち上げ事業は狙い目?

大手だと難しいかもしれませんが、新規に立ち上げた消費者金融は審査が極端に甘いことがあります。これは単純に実績が欲しいから誰でもウェルカムな状態だからです。

 

多くの人は貸金業者に対して警戒心を持っているものです。それだけに「名前も聞いたことがないのに申し込むわけが無いでしょ?」というスタンスを取るのが普通。

 

それだけに大手消費者金融では落ちてしまうような条件でも審査を通してくれることがあるようです。

 

ただ、貸し倒れのリスクも考えて、あえて借入額の上限を低めに設定することもあるようなので大口融資は期待しない方が良いかもしれません。

 

審査に通りやすい消費者金融をチェック

審査に通らない状態を疑ってみよう

「審査が甘い消費者金融って聞いていたのに落ちた!」
「全然甘くないよ!」
といった意見も割と多いです。そういった方はもしかすると、審査に絶対に通らない状態にあるかもしれません。

 

総量規制で上限は年収の1/3まで

貸金業法の「総量規制」によって消費者金融から借入できる金額は年収の1/3までと決められています。もちろん全ての消費者金融の借入総額が年収の1/3までなので、既に年収の1/3近くまで借入していたり、極端に年収が少なかったりすると審査に通るはずがありません。

 

大手は安定した収入が必須条件

安定した収入は必須

テレビCMなどで見かける、いわゆる大手消費者金融は申し込み条件に安定した収入があることと記載しています。

 

なので、日雇いなどの不安定な収入で生計を立てている人は審査の段階で落とされるのが普通です。

 

しかし中小消費者金融は不安定な収入でも、返済できると見込める収入が認められれば審査を通してくれることもあるようです。とはいえ、条件的に不利なことに間違いありませんし、バイトやパート、派遣社員、契約社員などの非正規雇用でも良いので安定した収入が得られる職業に就くことが一番の近道と言えそうです。

 

信用情報が悪い状態

私たちの借金の状況や履歴などは全て個人信用情報機関に記録されています。

 

消費者金融業者はこれをいつでも閲覧でき、延滞歴や金融事故歴(債務整理や借金の踏み倒しなど)をすぐにチェックできるシステムです。

 

消費者金融側の優良顧客はきちんと返済できる人。なので既に多額の借金があったり、過去に何度も延滞している人は審査落ちするのが一般的です。

 

おまとめローンなら意外と審査に通る?

複数の借入があると、いかに審査が甘い消費者金融を選んでも厳しいものです。しかし、そんな状態でもおまとめローンなら審査に通ることが多々あります。

 

おまとめローンは複数の借金を一本化できる金融サービスで、返済先を一元化できること、金利が下がって利息を減らせる可能性があることなどのメリットがあります。

 

他社借入状況が厳しい方は、おまとめローンも視野に入れてみると良さそうですね。

 

最後に…

消費者金融の審査は決して甘いものではありません。サイトによっては「誰でも絶対に通る、審査が甘い業者はココ!」と紹介しているところもありますが、実際にはそう簡単ではありません。

 

まずは今の自分の状況を振り返ってみること。そして、大手が厳しいなら中小消費者金融も視野に入れてみることも検討してみましょう。

 

消費者金融は審査でどこを見る?「甘い」「厳しい」の基準は?

消費者金融の審査の「甘い」「厳しい」は信用情報の結果が鍵!

消費者金融によって審査が甘いと言われています。しかし、具体的にどの辺りの基準が甘いのか…はハッキリとしませんよね。

 

それもそのはずで、原則として各消費者金融は審査基準を公開していません。中には「年収200万円以上で借金の無い方のみ!」といった条件をつけているところもあります。しかしほとんどは「安定した収入のある方」という漠然とした条件しか設けていません。

 

では消費者金融ごとに審査の「甘い」「厳しい」が存在するのはどういった理由からなんでしょうか。

 

信用情報の確認が大きなポイント

信用情報の確認がポイントになる

大手消費者金融は基本的に信用情報機関に問合わせて申込者の信用情報を取得します。そして申し込み情報、信用情報を基に審査を進めていくのが一般的です。

 

しかし一方で、中小や街の消費者金融は独自審査を行っているとアナウンスしているところがあります。そして同時に審査が甘い傾向が強いです。

 

言い換えれば独自審査=甘いと捉えることもできますよね。

 

「で、独自審査って何?」と感じますよね。それは簡単に言えば信用情報を照会するかしないかの差だと考えて良さそうです。

 

信用情報って何?

信用情報は次のような情報の総称になります。

 

  • どんな消費者金融と契約しているか
  • いくら借り入れしているのか
  • 滞納歴はあるか
  • 金融事故(債務整理や踏み倒しなど)はあるか

要するに、きちんと返済できるかを判断するためのキャッシング履歴だと言えますね。

 

これらを管轄しているのが国に認められた信用情報機関で、JICC・CIC・JBAが現在運営されています。

 

信用情報を審査する理由は?

答えはシンプルに貸し倒れのリスクを避けるためです。

 

消費者金融は原則保証人や担保を必要としません。つまり、相手を信用してお金を貸しているわけです。そうなると、どこを見て信用するべきかを考えなくてはなりません。

 

信用情報があれば「この人は決して年収は高くないけれど、ちゃんと返済を守っているな」「収入は多いのに滞納を繰り返しているな」といった申し込み情報だけでは分からない、その人の人柄が分かります。

 

信用情報に傷があるなら独自審査が甘い?

ということで結論です。ズバリ信用情報が不安なら、独自審査を行っている消費者金融を選ぶ方が良いとなります。

 

もちろん「独自審査」を謳っていても信用情報を照会しない保証はどこにもありません。しかし「独自審査=甘い」という図式が成り立っている以上、多少は審査に通りやすくなるのでは…と期待しても良さそうです。

無職でも審査が甘い消費者金融ってあるの?

消費者金融は原則安定した収入がないと審査が受けられない!無職はほぼ不可能に

消費者金融は原則として安定した収入がある人だけが審査に通る仕組みとなっています。

 

「総量規制で年収の1/3しか借入できない」という話を耳にしたことがあると思いますが、これは言い換えれば「無職だと年収0円だから1/3どころか1円も借入できない」ことになります。

 

さて、無職でも使える審査の甘い消費者金融は存在しているのでしょうか。

 

ほぼ絶望的

上記したとおり、いくら審査が甘い消費者金融でも無職は不可としています。

 

利息をつけて返済してくれるからこそ成り立つ商売なので、返済能力を持たない無職は相手にされなくて当然といえば当然です。

 

なので、諦めるか、働いて収入を得られるようになってから再度申し込むしかありません。

 

ただし例外はある!

専業主婦でもOKの場合がある

例えば、年金受給者や生活保護者、専業主婦(配偶者に収入がある)なら無職でも借入できる消費者金融があります。

 

何が違うのかは無職だけれど一定の収入が期待できる点ですね。

 

とは言え、やはりハードルは高いですし、年金+他の安定した収入がないとダメ!という消費者金融も多いです。

審査が甘い消費者金融でも即日融資に対応してくれる?

最近では振込キャッシングを使った即日融資に対応する消費者金融がほとんど!急ぎのときにも安心!

中小消費者金融や街の消費者金融など、いわゆる独自審査を取り入れた審査が甘い消費者金融が注目されるようになりました。

 

しかし「どうしても今日中にお金が必要なんだけど、即日融資には対応していないの?」と不安に感じることもありますよね。

 

即日融資に対応しているところが急激に増えた!

ネット申し込みは審査が早い

これまでは即日融資に対応しているのは大手消費者金融だけでした。しかし大手は信用情報機関に記録されている情報をもとにして審査を進めていくため、延滞歴や債務整理歴があるとまず審査には通りません。もちろん他社借入が多すぎてもアウトです。

 

そこで審査が甘いと言われている中小消費者金融を選ぶことになるわけですが、これまでは電話、または店頭窓口から申し込む必要があり、融資にも時間がかかるのが一般的でした。

 

なので大手消費者金融以外は即日融資を期待できないのが通例。

 

しかし、最近ではネット申込・ネット審査に対応している消費者金融が増えてきました。ネット申込の最大のメリットは24時間いつでも申し込めること、そして審査までのスピードが早いことです。

 

基本は振込融資

ネットで申込み、審査が終わったら次は振込手続きに移行します。指定した口座に入金してもらい、そのお金を引き出せば現金が手元に来る、という仕組みですね。

 

なので銀行が営業している時間帯で契約を完了させなくてはなりません。

 

銀行は15時で営業終了なので、できれば午前中のうちに申込みを済ませておいたほうが良さそうです。

 

店頭で直接借りる!

利用を検討している消費者金融が即日融資に対応していなかったとしても、店頭まで足を運べるなら、その場でお金を貸してもらえることもあります。

 

なので、ネット申込みに対応していない消費者金融でも即日融資のチャンスは残されていますね。

誰でも審査に通る消費者金融


審査に通りやすい消費者金融をチェック